YOROZU ヨロズ “イロハタスキショルダー”
original
600584f6bbb683687087c9c1 600584f6bbb683687087c9c1 600584f6bbb683687087c9c1 600584f6bbb683687087c9c1 600584f6bbb683687087c9c1 600584f6bbb683687087c9c1 600584f6bbb683687087c9c1 600584f6bbb683687087c9c1 600584f6bbb683687087c9c1

YOROZU ヨロズ “イロハタスキショルダー”

¥23,100 税込

送料についてはこちら

  • ホワイト

    SOLD OUT

  • カーキ

    SOLD OUT

日本のタスキにインスパイアーされた極太ショルダーシリーズ。ざっくりと大きなサイズ感です。肩がけはもちろん、手提げ時に地面に着いてしまう問題を解決する為に、内装に隠しハンドルが付属されています。スマホ等が収納可能なヨロズレザーポケットがショルダーには1つついています。 内側にもジップポケット、小分けに2口のポケットが付きます。 サイズ:横31cm,縦47cm,まち20cm 素材:ナイロン100%、牛革 【生産背景】 ヨロズの生産は、抜き型作成から生地裁断・縫製・仕上げに至るすべての工程を日本国内で行っています。また金具や素材選びに関しても、一貫して日本製を使用しています。たとえば「ガマ口」などは2020年現在、90%以上が海外製ですが、ヨロズでは、高齢化とその継承者の問題により減る一方の国内の工場から仕入れています。 カバンは東京都御徒町の工場で生産されています。御徒町の工場は、古き良き人情や下町文化に造詣が深く、「鳥越神社祭」をこよなく愛する職人さんたちによって運営されています。内装のパイピング処理など、一見目に止まらないところにもキチッとした仕上げが施されています。 財布工場は、千葉県・習志野です。こだわりのある職人さんが、流れ作業ではなく、ひとつの商品を一人で作り上げています。芯材の張込み方や、縫製の角を縫う際の「菊寄せ」などに熟練された技と丁寧さを感じます。